スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.23 (Mon)

動脈硬化予防に、コレステロール値をチェック!

 
私は今、測るだけダイエット中です。

ブログで体重表示しているので、余計に緊張感が増して、食事量に気を付けるように
なりましたよ。

おかげで、徐々に減ってきています。

こんな感じ。

体重グラフ222日

が、体重が安定してきたので運動を始めようと思い、ジムに通い出しました。

そこで体脂肪率を測ったのですが、その時のショーゲキ!
と言ったらありませんでしたよ!!

最近、血液検査してないけど、この分じゃ、コレステロール値も高いに違いない・・・。

コレステロールって、体重云々だけの問題じゃないんですよね。

血液中のコレステロールが増えると、血管を詰まらせて、動脈硬化を起こしてしまう
ほどの威力を持っているのですから。

この動脈硬化により、脳梗塞や心筋梗塞などの命にかかわる病気にまで発展する
ことがあるんです。

ところが、この動脈硬化による症状は気づきにくく、症状に気づいた頃には取り返しの
つかないところまで進行しているので、沈黙の殺人者とも言われていますよ・・・。

こうしてみると、コレステロールって悪い奴なんだ!と思われがちですが、実は
そうでもないんですよね。

全身の組織にコレステロールを運ぶ悪玉コレステロール(LDL)、血管内のコレステロールを回収する善玉コレステロール(HDL)というように、コレステロールでも働き方が違うものがあります。

さらに、コレステロールは身体を作ったり、体内で働くホルモンの原料だったり
するので、ただ減らせばいいと言う物ではないんですよね。

要はコレステロールのバランスが大切だということです。

その大切なLDLとHDLのバランスがLH比



LH比=悪玉コレステロール(LDL-C)÷善玉コレステロール(HDL-C)

の計算式で求めることができます。

下げるべき目標は

これまで動脈硬化性疾患を発症したことのない方: LH比≦2.0
これまで動脈硬化性疾患を発症したことがある方: LH比≦1.5

となっていますよ。

動脈硬化を起こしたことがない人でも1.5を目指したいところです。

血液検査したら、計算してみるといいですよね。

動脈硬化の予防としては、やはり食事と運動ですね。

ただ食事制限して、痩せりゃ、いいってモンではないんです。

運動で筋肉をつけ、代謝を良くしていくのもまた重要です。

症状に気づいてからでは遅いので、普段から自己管理をしっかりと行いたいですね。
  

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

 |  健康・美容  |  EDIT  |  Top↑

  デル株式会社

 | HOME | 

プロフィール

ブログライター系サイト

レビューサイト・ASP

アンケートサイト

快適生活

相互リンクについて

お礼申し上げます!

CMサイト

Micro Ad

CM-Click

ツール

エディー・バウアー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。