スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.07.26 (Sun)

広告に学ぶブログの書き方。


・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・~・~・~・~・・~・~・~・

広告で一番重要なことは、存在に気づいてもらうこと。

次に重要なのは情報を読み取ってもらうこと。

情報部分の文字組みは、美しさだけではなく読みやすさも重要。

読みにくいと、途中でやめてしまったり、最初から読もうとしない
可能性が出てきます。

※「 読みやすい 」ということは注目してもらうことと同等か
それ以上に重要なことになります。


・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・~・~・~・~・・~・~・~・

ところで。
読みやすさとは何でしょう?

それは
「文を読んで理解するのを邪魔しないこと」
だそうです。

①1行の文字数
無理なく読める1行の文字数は、縦組みの場合は20~45文字程度、
横組みの場合は15~35文字程度。

このテンプレートでは幅一杯ですと、40文字になりますね。

②文字の大きさと間隔
文字の大きさは8~10ポイント。
行と行の間隔は縦組みで文字の50~100%、横組みで文字の50~75%。

③フォント
大見出しや小見出しによって、大きさや強弱をつけ、メリハリを。

④文字と図版の割合
図版が50%を占めるとよい。
文字だけの場合は、余白部分を広く取るように。

⑤ブログなどWebサイトだと、スクロールは2回くらいまで。


やはり、分かりやすく、手短かに説明してくれる情報の方がよさそうですね。チェック


戻る → ブログライター 心得

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

 |  ブログライター  |  EDIT  |  Top↑

  デル株式会社

 | HOME | 

プロフィール

ブログライター系サイト

レビューサイト・ASP

アンケートサイト

快適生活

相互リンクについて

お礼申し上げます!

CMサイト

Micro Ad

CM-Click

ツール

エディー・バウアー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。